CHINO PANTS 「おりべ風−チノパン」

最近のトレンドで見逃せないのが、

フレッピー(お坊ちゃん風)とアウトドア(おやじ風)!!!
そしてそのどちらにも欠かせないのがチノパンということになります。

だけど難しいのはチノパンという奴は、デニムやカーゴと違って、
デザイン的にも素材的にも あまり主張してはいけません。
ちょっと変わったことをやるとそれは“チノパン“では無くなってしまうんです。

ということで「おりべ風ーチノパン!」                      
高密度で二重織りしたダブルクロスで、無骨さと、さりげないオシャレ感ねらってみました。いかがなモンでしょうか、ぜひお試しください。

mp5948-73.jpg

mp5948-73-1.jpg

mp5948-73-2.jpg

MP5948-73  ¥15,540  KHK/BEG/BRN



DISCIPLE CARGO-PANTS

軍パンの定番でもあるUS-M65をデザインベースにしてますが、なんといってもこのパンツの特徴は細身のシルエットと、絶妙な加工感。

本物のM65とは全く違うオリジナルのパターンで、ウエスト周りのフィット感と細身で綺麗なライン、さらに「ムラ糸のサージストレッッチ素材」を使って、細身でありながら全くストレスのないはき心地です。

縫製後に手作業でむら染めをした上で、ウオッシュをかけて独特な「立体感」と「顔」 に仕上がっています。

自信作!!!

dp5001-73-blog.jpg

dp5001-73-blog-1.jpg

サイドポケットから垂れてるテープはポケット内に収納可能です。

dp5001_73.jpg

 

DP5001-73  LGR/KHK/MOC  ¥18,690




2007 F/W カタログ

今秋冬のカタログが出来上がりました。

各ショップさんにお送りしてますので、今週末はお近くのショップさんまで

遊びに行ってみて下さい!

yyyiy.jpg

2007 F/W カタログ  ¥0

yyyiy-2.jpg

表紙           裏表紙


RIDERS×MILITARY

ちょっと長めの袖やZip引き手に付いてる革紐はライディング時を意識して、、。

もちろん街着としても羽織れるよう、タイト目なシルエットに。

dsc00153.jpg

起毛した生地に化学樹脂を施した、ヌメリ感のある生地に仕上がってます。

一枚仕立てなので、初秋から重宝できるアイテムです。


db9427-73.jpg

DB9247-73  ¥27,300  KHK/BEG/BLK


本日バイク通勤 SHIOYA

dsc00283.JPG
関東の梅雨明けは来週に持ち越しのようですが、昨日今日は十分夏の日差しで、由比ケ浜辺りは海水浴客も出始めて、夏っう〜て感じになってきましたよ。
今日はいける〜と思いバイクで家を出た俺は、夏らしい写真でもとろうとボーっと走ってたら、あっという間に海は終わってしまって今度は山越え 。峠の途中の鎌倉霊園にて記念撮影。


鵠沼遠征ーSHIOYA

今朝は4時起床、歳をとると早起きになるらしいですが、ナゼデショウ? 俺も早起きです。
まだ薄暗い中、波チェック・・・稲村、姥が谷とも満足な波は無く、久しぶりにチャリで鵠沼遠征。
基本的に俺はクラッシィックで重た〜いロングボードに乗っていますが、チャリ遠征には不向きなもんで、今日は小さめなジョエルチューダー。
膝腰のファンウェーブでまずまず楽しめました!20070720074647.jpg


ねじり

昨日ご紹介したシャツ4型

こんな風にしてお店さんにお届けしてます

dsc00070.jpg

US2138-73  ¥15,540  RED/BLU/BRN


STUDIO ORIBE 秋物があがってきました!

まずは今すぐにでも使える、L/Sシャツ4型。

アメカジっぽい雰囲気ですが、細身のシルエットで綺麗な着こなしにも使ってもらえると思います。

ショートパンツを履く時は、ロングスリーブのシャツを合わせると大人っぽい着こなしになりますよ。

dsc00106.jpg

dsc00085.jpg

MS2243-73  ¥14,490

dsc00094.jpg

MS2244-73  ¥14,490

dsc00089.jpg

MS2242-73  ¥14,490

dsc00081.jpg

US2138-73  ¥15,540




「2007.7.16 稲村ケ崎にて」 SHIOYA

まずは中越沖地震、被災された方や親戚やお友達が被害にあった方、たくさんいることと思います。
誠実に生きているか、どんなにたくさんの人に愛されているか、そんなことには関係なく、ちょっとした偶然か必然、何の理由も無くふりかかってくる現実。人間の無力感を感じる瞬間です。

その地震が起きた7月16日、早朝。
台風一過の鎌倉、稲村ケ崎では1年に1度有るか無いかという綺麗なうねりが入って、 朝の5時、近くの駐車場はサーファーで既に満車、空き待ちの車が8台も並んでました。ガッツいてもしょうがねぇ〜やと思い、とりあえずカメラを持って稲村ケ崎に登って撮影会。
既に立派なカメラをすえて狙っている強者もいましたが、俺でもまずまずの写真が撮れました。稲村が特別なポイントであることが、十分に伝わることと思います。

その後5時間、ドキドキするようなサーフタイムを味わい、
へろへろになって上がってきてテレビをつけると、
地元新潟は大地震、目の前にはまだまだ楽しそうなサーフシーンが広がっているし、複雑な心境でした。
dscn0741.jpg

dscn0743.jpg

dscn0751.jpg

dscn0756_2.jpg


BLOG

Category

Recent Posts

Calendar

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Monthly Archives