真夏の結婚式にはこんな感じで!

 

たまに結婚式に呼ばれます。

世の中の女子が一番おしゃれして現れる華やかな席なので、男子もちょっとおしゃれして出かけたいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくらなんでも会社に着ていくスーツはやめておきましょう。 

結婚式となると、英国紳士はシルクかウールのスーツかなぁ、

ちなみにこちらのBIKEは、英国製1965年式 TRIUMPH-Bonneville USA仕様。

USA仕様というところが大切、

そう自分はあのスティーブマックィーンのような着こなしで、このバイクに乗って会場に到着したい。

https://geordiebiker.wordpress.com/category/steve-mcqueen/page/2/

あまり真面目に着こなしすぎず、ちょっと粋なおじさん風。

 

DELICIOUS の麻のセットアップに、綿麻素材のプジョル、シューズはピカピカに磨きましょう。

式が終わったら、ネクタイを緩めて、シャツの裾も出しちゃって、荷物は送ってもらって、

式で一番のベッピンさんをタンデムしてお持ち帰りー

というのが理想のスティーブマックィーン風ですね!

 

塩谷

 

◆JACKET price:¥21,000+tax

◆SHIRT price:¥15,000+tax

◆PANTS price:¥15,000+tax

BLOG

Category

Recent Posts

Calendar

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Monthly Archives